クロキユウタ Blog

シンガーソングライター クロキユウタのライブや日々

お母さんスケキヨです

こんにちは、スケキヨです。


昨日は約1年ぶりのやまぼうしライブでした。
来てくれた皆さん、どーもありがとう!

また例によって写真がないです。どうも撮り忘れてしまう。

この日は荒井豊さんとのツーマンでした。
荒井さんはギターを弾く時とハンマーダルシマーを演奏する時とがありますが、今回はハンマーダルシマーでした。
とても広がりのあるいい音で、やまぼうしの雰囲気ともうまく溶け合い素晴らしかったです。

何曲か知っているような気がしたが、思い出せなかった。

荒井さんはUHUにも出てるのでまた近いうちに聴きたいなぁ。

つづいて、僕が歌いました。声の調子がとてもよく演奏にいい意味で力が入りました。
でも何よりもPAのしのさんの音響が素晴らしく、とても気持ちがよかった。

やまぼうしライブまた今度出るのが楽しみです。



11月23日(土)
ストリートフェスティバル イン シズオカ
■会場
静岡市青葉シンボルロード(静岡市葵区呉服町)
入場無料
僕の出番はB5ブロックで13時30分、B2ブロックで19時 の2ステージです。
http://www.streetfestival-shizuoka.com/


12月6日(金)
ライブハウスUHU
クロキユウタ企画「靴の中へ飛び降りろ」
クロキユウタ ワンマンライブ
open 18:00 start19:00
チケット前売り 1500円 当日 2000円(どちらもドリンク別500円)

予約、お問い合わせはこちら
LIVEHOUSE UHU ライブハウス ウーフー
静岡市葵区七間町9-10
ワイシーシー第二ビルB1

TEL&FAX
054-253-1418
Mail
info@livehouse-uhu.com

12月6日のワンマンはいつもと違ったことをしたい。
できるかな?どーかな?


是非、よろしく(*^_^*)

ノンアルコールで野を歩こう

こんにちは。
タイトルには相変わらず意味がありません。

昨日は御殿場リンコロ。
ワンマンライブでした!

楽しかった!来てくれた皆さんどうもありがとう。

とはいえ反省点も少々あったステージだった(汗)

リンコロさんはその昔初めてワンマンをやれせてもらった場所で思いでの場所だ。
僕のライブはあの時より少しは良くなったのだろうか?
たまに僕のことを進化しているといってくださる方がいるが実際は年をとっただけのことのように思える。
皆さんに楽しんでいただけてるのなら幸いだぁ。

おっと、ついネガティブな方向に頭が動いてしまう。
常にいいパフォーマンスを目指していきます。

リンコロ、マスターのタカさん、いつもありがとう!また歌いに行きます!!

そろそろ欲しいな、デジカメ・・・人として。





12月6日(金)
ライブハウスUHU
クロキユウタ企画「靴の中へ飛び降りろ」
クロキユウタ ワンマンライブ
open 18:00 start19:00
チケット前売り 1500円 当日 2000円(どちらもドリンク別500円)

予約、お問い合わせはこちら
LIVEHOUSE UHU ライブハウス ウーフー
静岡市葵区七間町9-10
ワイシーシー第二ビルB1

TEL&FAX
054-253-1418
Mail
info@livehouse-uhu.com





Don't you hear me calling you

こんにちは。

最近の話をします。

ここ5日間ぐらい毎日クイーンの「オペラ座の夜」を聴いている。
131029_1152~01











叔父からもらったレコード。
昔はDVD付のCDを持っていたのだが、今はどこにあるのか。おそらく弟が持っているのだろう。
その昔聴き狂ったアルバムだが、もう5年近くクイーンの音楽とは疎遠になってしまっていた。
このレコードには訳詞を載せた歌詞カードがはいっていなくて、それだけが少し残念だ。訳詞を読みながらその音楽を聴くのも僕は大好きだからね。

それにしても一曲一曲が神がかっている。始まりの「デス・オン・トゥーレッグス」のイントロはやはりぞくぞくさせられる。
「うつろな日曜日」なんかは、黙っていても心が勝手に歌いだす。
かっこいいとはこういうことだと言わんばかりの「スイート・レイディ」。
「グッド・カンパニー」の最後のギターは一体どうなってるんだ?
そして「ボヘミアン・ラプソディ」は永遠だ。

10代のころビートルズを聴き狂い、さぁ次は何を聴くかとなった時にクイーンがそこにいた。
それから、しばらくの間頭の中では黄金の70年代ロックが鳴り響いていた。
ブライアン・メイのようなギターを弾きながら、フレディ・マーキュリーのように歌えたらなどと、今思えば夢みたいなこと考えていた。
思えば、灰色の10代、満たされることのない僕の心を少しの間でも元気づけ、夢を見させてくれたのは彼らの音楽だったのかもしれない。もちろんそれを確かめる方法なないけどね。

今回改めてこのアルバムを聴いて、一番印象に残ったのはブライアン作曲の「’39」だ。
新しい世界をめざし宇宙飛行士たちが、空へと旅立つ。地上に残された人々は彼らの伝説を語り継ぎながら、彼らの帰りを待つ。飛行士たちは新世界を見つけ、地球へ帰ってくるが、彼らが降りったったのは100年後(?)の地球。「猿の惑星」みたいだね。残していった愛すべき人々はもうそこにはいない。

そんな内容の歌だ。スタジオではブライアンが、ライブではフレディがリードボーカルを務めている。
僕はこの曲はブライアンが歌っている方が好きだ。

この曲の最後のサビの歌詞がこう歌われている。

聞こえないのかい?
君は遠い歳月の彼方に行ってしまったから
僕が君を呼ぶ声は、聞こえないのかい?
砂の上の手紙は、君の手ほどには僕を癒してくれない

なぜ今になってクイーンを聴こうと思ったかわからないけど、この曲を聴いたとき彼らが遠い歳月の彼方から「君には僕たちがいるってことを忘れないでね」と言ってくれてるような気がした。

クイーン。あなたたちの音楽は今僕の心にしっかりと届いているよ。

彼らは本気で人々を楽しませようとしたバンドだった。
僕も今の時代の人たちを本気で楽しませたいと思う。

それではライブ告知。

11月2日(土)
御殿場RINCOLO
クロキユウタ ワンマンライブ
open 19時
start 19時30分
チャージ 前売り1500円当日1800円(どちらもドリンク別)
予約はこちらへgotenbarincolo@gmail.com

またまたリンコロでワンマンやるよう。
フレディのようにはいかないだろうけど、きっと素敵な夜にしたいと思う。
東部の方もそうでない方も是非!!


それではみなさん、ごきげんよう。
プロフィール

potederakkusu

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ